人気ブログランキング |

#66 今年の夏のおすすめおみやげスポット

‟夏のおみやげはここで決まり!”
淡路島のいいものがそろう、集合型おみやげ売り場
a0356665_10542783.jpg
たくさんの観光客で賑わう、夏の淡路島。津名一宮インターを降りるとすぐのところにある「産直淡路島 赤い屋根」は、淡路島のおいしいものがたくさんそろう、おみやげスポットです。入口には地元近郊で採れた新鮮野菜や果物が並び、超お手頃価格で手に入ると、地元客からも大人気。

店内には手みやげのお菓子をはじめとする淡路島の農産物や地酒など、特産品を扱う5軒の店舗が集結しています。今回は、その5軒のお店と、それぞれのおすすめ商品をご紹介していきたいと思います!


生穂漁港から直送
創業100年以上の老舗海産物店「柴宇淡路食彩」
a0356665_10585299.jpg
入口すぐ右手にあるのは、生穂漁港で採れたちりめんや、海産加工食品を販売する直売所。キレイで威勢のいい女性スタッフが切り盛りするお店です。
a0356665_10595978.jpg
いちばんのおすすめは、やっぱりちりめん!そのままでも、炒め物や大根の葉と炒めてふりかけにするのもおすすめです。他にも佃煮などの加工品もありますが、ここで扱う商品は全てオリジナル商品。一つひとつ手作りで作られています。
a0356665_11015326.jpg
また、定番の冷凍釜揚げしらすは嬉しい仕切り板つき。8つに分けることができるので、食べたいときに食べたい分だけ、すぐに取り分けることができます。お好みでポン酢や醤油をかけて、新物のしらすの味わいをお楽しみください。
a0356665_11031093.jpg
さらに、こんな商品も!ズラリと吊るされた干し蛸はとても人気なので、出会えたらラッキー。大ぶりの蛸をまるごと一匹干すことで、うまみが凝縮された干し蛸は、そのまま炙ってお酒のアテや、炊き込みご飯におすすめです。郵送もできるので、ぜひいろいろな商品をお試しください。

◇柴宇淡路食彩株式会社
URL:https://shibau.co.jp/
TEL: 0799-62-7335



進物用にも最適!
豊富な地酒と手延べそうめんが手に入る「楓勇吉商店」
a0356665_11063575.jpg
続いて、通路を挟んで向かいにあるのが「楓勇吉商店」。ここは、そうめん作りが盛んな福良にある「楓勇吉商店」のそうめんをメインに扱う、ポップアップ店舗。淡路島の地酒や、手延べそうめんがおすすめです。
a0356665_11074197.jpg
そうめんは、淡路島の伝統製法で作った「淡じ糸」と、細くてコシのある「御陵糸」の2種類を用意。バラ売りの他にも、箱入りでの販売もしているので、ちょっとした進物用にも最適です。
a0356665_11085561.jpg
また、地酒は淡路島の千年一酒造の商品が豊富に並び、中にはこんな変わり種も。淡路島のたまねぎで作られた焼酎は、一度試してみる価値ありかも?!他にも、ちょっとした贈りものとして嬉しい商品がそろっています。

◇楓勇吉商店
URL: http://www.shokokai.or.jp/28/2870410001/index.htm
TEL: 0799-62-7335



社長自らが広告塔に
淡路島のテーマパークを目指す「島村兄弟」
a0356665_11112786.jpg
入口左手にあるのは、社長自らが広告塔を務める「島村兄弟」。淡路島で人気のおみやげをはじめ、オリジナル商品にも力を入れているお店です。
a0356665_11125738.jpg
いちばん人気は、ここでしか買えない島村兄弟オリジナルの玉ねぎドレッシング。「黒酢たまねぎドレッシング」と、「黒酢たまねぎ味つきポン酢」の2種類が並びます。生の刻みたまねぎがたっぷり入ったまろやかなドレッシングは、ヤフーショッピングでも1位を獲得した、実績のある逸品。サラダはもちろん、焼き肉やパスタ、ハンバーグソースにもおすすめです。
a0356665_11144584.jpg
また、飲むだけでなく調味料としても万能な玉ねぎスープは、たっぷり32杯分。たまねぎやガーリックパウダー、椎茸エキスなどが調合された粉末なので、チャーハンやカレーなどの隠し味に使うのもおすすめです。売り場では試飲もできるので、ぜひ一度お試しください!
a0356665_11163624.jpg
他にも島村兄弟では、子供たちが喜ぶグッズも豊富。ご当地モノのキャラクターをはじめとする「the おみやげ」がそろいます。「テーマパークのように楽しめる店舗を作りたい」という社長の遊び心がたっぷりつまった、大人も子供も楽しめるお店です。

◇島村兄弟
URL:https://shimamura-net.com/
TEL:0799-60-2241



定番品に限らず
ディープな淡路島を展開する「花ひろば」
a0356665_11190974.jpg
楓勇吉商店の隣にある「花ひろば」では、おみやげ屋さんでよく見かけるメジャーなおみやげではなく、少しディープな商品ラインナップが特徴です。
a0356665_11200666.jpg
例えば、淡路島で代表的な海苔といえば「大江のり」。ですが、花ひろばでは他のおみやげ売り場ではなかなか見ることのない「由良のり」や「大野のり」、「北淡のり」などの地域別の海苔も手に入れることができます。
a0356665_11211571.jpg
また、お菓子も大手メーカーが作る定番品ではなく、‟淡路島に新しい名品を”と個人で製造販売に取り組んでいる、個人事業主の商品にスポットを当てています。
a0356665_11262331.jpg
他にも、生産量日本一を誇る淡路島の線香を知ってもらうため、一角には線香コーナーも設けています。淡路島の思い出をお気に入りの香りと共に振り返る、‟香りのおみやげ”もおすすめです。「淡路島には、実はこんな商品もあるんだということを伝えたい」という、店主の熱意が伝わるお店です。

◇花ひろば
URL:http://hanah.mobi/?in=53405/
TEL:0799-60-2280



ウリは本物を語る店主のトーク
目利き品だけを販売する、これぞ「こだわり屋」
a0356665_11293531.jpg
赤い屋根のいちばん奥に構えるのは、「通販の店 こだわり屋」。主に野菜や果物、海産物を取り扱うお店です。店名にもある通り、通販にも力を入れています。お店の特徴は、なんと言っても店主の‟こだわり”。
a0356665_11311717.jpg
店主自らが目利きした良いモノだけが店頭に並べられています。この3L~4Lサイズのすいかは、昔から馴染みのある農家さんから仕入れた代物。農家さんの名前だけで勝負できるのは、信頼の証です。
a0356665_11325680.jpg
また、有機栽培たまねぎは、段ボールに入れられた「JASマーク」が本物の印なのだとか。お店に行くと分かるのですが、冴え渡る店主の商品トークが、お客さんの心をわし掴みにし、日本中に「こだわり屋」ファンを作り出しているようでした。
a0356665_11362904.jpg
ここでしか手に入らない店主のこだわりの商品を、ぜひ体感してください。

◇通販の店 こだわり屋
URL:http://www.e-gohan.net/
TEL:0799-62-4857



お買い物のあとは…
淡路島の旬の地魚を味わえる「海鮮料理 きとら」へ
a0356665_11384676.jpg
買い物を終えたら、ちょっとひと休み。併設されている「海鮮料理 きとら」では、淡路島の旬の地魚を味わうことができます。
a0356665_11423524.jpg
いまが旬の鱧は、定食がおすすめ。湯引きや天ぷらとしていただけます。鱧メニューは8月いっぱいで終了なので、食べ逃しなく!
a0356665_11460812.jpg
さらにここだけでしか味わえない津名店限定の七福海鮮丼は、淡路島の地魚が7種類も乗った贅沢メニュー。
a0356665_11573436.jpg
他にも、海鮮だけでなくお肉も楽しむことができます。新メニューの淡路牛を使った焼肉丼は、焼き加減を自分で調整できる、セルフ焼肉スタイル。スタミナをつけて、夏の淡路島を楽しんでいってくださいね!

◇海鮮料理きとら
URL:http://www.kaisenkitora.com/contents/home.html
TEL:0799-62-1103



a0356665_11520354.jpg
いかがでしたか?赤い屋根は、各店でさまざまな商品を試飲・試食できるのも魅力のひとつ。また、集合型施設なので、他のおみやげ屋さんよりも低価格商品が多いのも嬉しいポイントです。

今年の夏は、ぜひ赤い屋根で、淡路島のおみやげ選びを楽しんでいってくださいね!


<赤い屋根>
住所: 兵庫県淡路市中田4139-4
営業時間: 9:00-17:00
TEL: 0799-62-7245

写真・記事: 藤本沙紀
(提供:きとらメニュー写真)







by awaji_gourmet | 2019-08-07 17:49 | その他 | Comments(0)

【淡路島観光協会公認ブログ】チッキィが、食材の宝庫「淡路島」のおいしい情報をレポートします♪


by awaji_gourmet