#47 KEKKOI

とにかく出汁にこだわる、
“洋風創作うどん”が食べられるお店

a0356665_23074431.jpg


今回ご紹介するのは、南あわじの円行寺にあるこちらのお店。種類豊富な“洋風創作うどん”が食べられる、地元のお客さんで賑わうお店です。

a0356665_10025562.jpg


明るく可愛らしい店内には、女性らしいインテリアや雑貨がたくさん飾られています。うどん屋さんとは思えない、まるでカフェのような内装です。

a0356665_10044543.jpg

また、“来てくれたお客さま全員に楽しんでもらおう”と、細やかな仕掛けもいっぱい。

a0356665_10060847.jpg

「お子さま連れのお母さんたちに、ゆっくりしてもらえる場所を提供したい」という、元保育士オーナー独自の目線で考えられた店内には、絵本が並べられた本棚も設置されています。

a0356665_10085285.jpg


元々、旦那さんが始めたこのお店を、3年前に引き継いだことをきっかけに、現在の“女性向けのうどんカフェ”というコンセプトが誕生しました。そんなうどん屋「KEKKOI」のこだわりは、なんといってもどこにもマネできない、オリジナルの出汁!

a0356665_10120497.jpg

かけ出汁は16時間かけて作り、ぶっかけ出汁は“あまみがえし”と“からみがえし”、そして“白だし”の3種類を手作りしています。中でも“からみがえし”は、完成までに1ヶ月もかかるのだとか!!メニューを注文すると、まずはその出汁の香りとうまみを味わってもらえるよう、「食前酒」ならぬ「食前出汁」として提供してもらえます。作業の丁寧さが、舌の上に広がる素材のうまみとコク、続いて鼻に抜ける芳醇な香りに表れています。

a0356665_10164938.jpg


今回いただいたのは、秋限定メニューの「淡路産 もみじ鯛のクリームうどん」。こちらのメニューは11月いっぱいまで楽しめます。

もっちもちの讃岐うどんの上には、ゴロゴロと大きなもみじ鯛のソテーがたくさん!ソースはこだわり出汁に鯛のアラから取った出汁もプラスされ、そこにまろやかなクリームソースが合わさりとてもコク深い味わいです。そして淡路産のもみじ鯛は、脂も乗っていて、鯛の味がしっかりしています。春に採れる桜鯛より、秋に採れるもみじ鯛の方が身も絞まっていて美味しいのだとか。確かにホロホロというよりも、プリッとした食感でした。

a0356665_10201794.jpg

そしてセットで付いてくるパンも、自家製。淡路島牛乳をたっぷりと使った甘~いミルクパンは、とても優しい味。このまま食べても、ソースにつけて食べても楽しめます。

a0356665_10261843.jpg

季節限定メニューの他にも、定番メニューの「淡路牛のボロネーゼ」、リピーター続出の「絶品カルボナーラ」、また週替わり洋風うどんやカレーうどんなどがあります。美味しい上に、ボリューミーでコスパも良し。地元のお母さんたちに人気な理由も納得ですね!




来たら絶対食べるべき!
オープン当初から人気のスウィーツ「淡路島プレミアムチーズケーキ」

a0356665_10292639.jpg

うどんだけでなく、実はスウィーツメニューも豊富な「KEKKOI」。もちろんそれも全て、隣のお菓子工房で作られています。パフェやパンケーキなど、目移りする美味しそうなメニューがたくさんある中、オープン当初から人気を誇る、「KEKKOIと言えば!」という名物スウィーツがこちら。

a0356665_10321728.jpg

その名も「淡路島プレミアムチーズケーキ」!淡路島で有名な“北坂たまご”と“淡路島ヨーグルト”がたっぷり入った、超しっとりで濃厚なチーズケーキです。甘さも控えめなので、何個でも食べられてしまいそうな口当たりの軽さも人気の秘訣。これは一度食べたら、クセになります!テイクアウトも可能なので、ぜひ一度ご賞味ください^^

a0356665_10345632.jpg


「KEKKOI(けっこい)」とは、讃岐弁で「綺麗」という意味。

KEKKOIうどんをけっこい(綺麗)な店内で…
ぜひ、ゆっくりとお楽しみください♪



<KEKKOI>
兵庫県南あわじ市円行寺187
TEL: 0799-20-4518
営業時間: 平日11:00~15:30(14:30 L.O)
      土日祝11:00~18:00(17:00 L.O)
定休日: 第一月曜日 (毎週月曜日はおやこKEKKOIのため貸し切り)

記事・写真: 藤本沙紀









[PR]
by awaji_gourmet | 2018-10-14 15:53 | カフェ | Comments(0)