#38 淡路島原産の果樹 “なるとオレンジ”


a0356665_15560908.jpg


淡路島原産の果樹"なるとオレンジ"をみなさまご存知でしょうか。柑橘では数少ない原生種で、大きさはグレープフルーツほど。ジューシーな果汁と酸味が特徴のフルーツです。およそ300年前に発見されたと言われる"なるとオレンジ"。なるとと言われると徳島を思い浮かべる方も多いかもしれません。

a0356665_22111615.jpg

その所以はふるく、かつて淡路島が徳島藩に属していた江戸時代。なるとオレンジを気に入った藩主が「天下無比の物なり」と絶賛されました。その際に名付けられたのが"なると"という名前だったそう。淡路島と徳島県との所以も感じられるその歴史。そんな時を経て今もなお、そのみずみずしい香りは人々を魅了しています。

a0356665_22112923.jpg

ところが今では幻の果樹と言われるほど生産者が減少しています。そんな"なるとオレンジ"の新しい風と言われるのが「森果樹園×ツギキ」を営む森さん。おじいさまから農園を引き継ぎ16代目となります。

a0356665_22114529.jpg

そんな農家3年目の森さんと、その奥さんが営む果樹園で「なると花見会」が開催されました。

a0356665_22115926.jpg

2月~4月にかけて行われる収穫の終わりの頃、来年また実るために樹々は白い花を咲かせます。なるとオレンジの樹々の特徴はその大きさ。なんと樹齢100年以上の大木もあちこちに。

a0356665_22121134.jpg

「僕がはじめて植えたなるとオレンジの木も今年始めて花を咲かせました。」と森さん。大きな先輩の樹々に囲まれながら、森さんが植えた木にも同じように白い花が甘い香りを漂わせていました。

a0356665_22123115.jpg

大きな樹々にみのるなるとオレンジも特別に収穫させていただきました。背の高い木の上の方までとどく、長い柄のハサミをつかって収穫体験もさせていただきました。

a0356665_21304105.jpg


果樹の収穫の季節は終わりを迎え始めましたが、淡路島のあちこちで加工されたジャムやお菓子などを見かけることもできます。淡路島へいらした際は、ぜひ一度お試しくださいね。



記事・写真:藤田祥子

[PR]
by awaji_gourmet | 2018-05-29 15:51 | 食材