#34 南海荘

淡路島の今を料理する料理人、南海荘、竹中淳二さん。
大分前から取材をお願いしていたところ、
「厨房に夕陽の光が射し込む2月くらいはどうかな〜?」と言ってくれていました。
その時まで楽しみに待って伺ってみました。
厨房に夕陽が一番射し込む時間には自家製のバゲットを焼く蒸気が光の中に立ち込め、
夕暮れ時、窓一面に広がる澄んだ蒼い空と海を眺めながら飲むシャンパンは最高の一杯になり、
魚料理で冬の名残の寒グレが出てきたり、この時期、今にしか味わえない美味しい料理が次々に運ばれてきました。
そしてお料理に合う宿主おすすめワイン!
今夜のイタリアンのコースは最高の思い出になりました。
お泊まりではなかったのですが、次はお泊まりで丸山の海をお散歩しながらゆっくり朝を過ごせたらいいな!
素敵な夜をありがとうございました⭐︎
a0356665_10574037.jpg
a0356665_14410834.jpg
a0356665_14411173.jpg
a0356665_15093001.jpg
a0356665_14411399.jpg
a0356665_14411649.jpg
a0356665_14411828.jpg
a0356665_14412183.jpg
a0356665_14412445.jpg
a0356665_14412700.jpg
a0356665_14413036.jpg
a0356665_14413224.jpg
a0356665_14414492.jpg
a0356665_14415868.jpg
a0356665_14420092.jpg
a0356665_14420365.jpg
a0356665_14441868.jpg
a0356665_14484884.jpg
a0356665_14421416.jpg
a0356665_14422003.jpg
a0356665_14422396.jpg
a0356665_14422737.jpg
赤貝の一口にぎり
a0356665_14422965.jpg
a0356665_14423167.jpg
a0356665_14423422.jpg
a0356665_14423604.jpg
若布の吸い物
a0356665_14423887.jpg
a0356665_14424004.jpg
a0356665_14424396.jpg
a0356665_14424516.jpg
シラサエビ、天然鯛、鳥貝のカルパッチョ イタリアンパセリのソース
a0356665_14431655.jpg
自家製天然酵母の玄米バゲット
a0356665_14425148.jpg
a0356665_14425328.jpg
a0356665_14425670.jpg
a0356665_14425877.jpg
a0356665_14430174.jpg
寒グレ(なごり)のスモーク ブロッコリーのスープ
a0356665_14430854.jpg
a0356665_14431003.jpg
a0356665_14431893.jpg
a0356665_14432012.jpg
a0356665_14432229.jpg
a0356665_14432425.jpg
天然小ふぐと3年とらふぐの白子のネギソース フェデリーニ
a0356665_14432691.jpg
a0356665_14432905.jpg
自家製イノシシのパンチェッタのカルボナーラ 手打ちフェットチーネ お土産のブータンの唐辛子を添えて
a0356665_14433196.jpg
a0356665_14433489.jpg
a0356665_14433644.jpg
a0356665_14433804.jpg
a0356665_14434203.jpg
メバルのロースト 新若布のリゾット添え エビのソース
a0356665_14434445.jpg
自家製レモン酵母のカンパーニュ
a0356665_14434750.jpg
オレガノの香りをまとった鹿、淡路ビーフのイチボの炭火焼 ゴルゴンゾーラソース
a0356665_14434900.jpg
ご飯と漬物、味噌汁
a0356665_14435454.jpg
冷たい苺のジェラートと温かいガトーショコラ
a0356665_15183670.jpg
a0356665_10581194.png
0799-39-0515
宿主ブログ 淡路島の風 http://www.nankaiso.com/cgis/blog/



[PR]
by awaji_gourmet | 2018-03-07 20:40 | 宿泊 | Comments(0)