#33 あきやま蒲鉾

「柔らかくてコシがある」かまぼこを目指して。
創業80年。日々改良や工夫を重ねて作られているあきやま蒲鉾さんの
製造現場を見学させていただきました!
a0356665_14522542.jpg
a0356665_14521811.jpg

a0356665_14522034.jpg

a0356665_14522337.jpg

a0356665_14522766.jpg
a0356665_14521045.jpg

a0356665_14523971.jpg
お店では奥さんが「おでん炊いてもらおうと思って」とてんぷらを詰めてれていました。
昔おばあちゃんがぬくぬくのてんぷらを袋にいっぱい買ってきてくれたのを思い出します。
今もこのスタイルで買えるのがたまりません!(^_^)
a0356665_14524177.jpg
次々におもしろいアイデアを思いついてはかたちにしていく社長と奥さん。
商品のネーミングやパッケージもいつもお二人で案を出し合って作られています。
a0356665_14524694.jpg
帰っておでんを作ってみると、牛蒡天、平天、ちくわなどあきやまさんのてんぷらがおいしくて
いつものおでんと一味も二味も違いました!!
まだまだ寒い日もあるので、おでんを炊いて温まるのもいいですね〜♪
a0356665_14524881.jpg
岩屋にある「鯛おどる館」へ。
竹ちくわの製造工程を見学させていただきました。
高速→低速に変えながら、細やかで滑らかな食感になるように、
すり身を約1時間かけてじっくり練っているそうです。
a0356665_14510426.jpg
竹ちくわを焼くところ。
a0356665_14501661.jpg


a0356665_14503834.jpg


a0356665_15003089.jpg
a0356665_14511414.jpg
熟練の職人さんが常に火加減など細かい調整をしながら焼き上げていました。

a0356665_14504480.jpg

a0356665_14504789.jpg


a0356665_14505414.jpg

a0356665_14505738.jpg

a0356665_14510008.jpg
「鯛おどる館」ではかまぼこ作りの体験もできます。(要予約)
作り方を教わって鯛の形のかまぼこを作ってお持ち帰りすることができるそうです♪
a0356665_11185165.jpg

a0356665_14513493.jpg
今夜は竹ちくわを肴にビールをいただきたいと思います〜⭐︎
a0356665_14515051.jpg

本 店
〒656-0025 兵庫県洲本市本町1-4-5
TEL:0799-22-0283
FAX:0799-22-2422
フリーダイヤル:0120-009-283
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜


淡路蒲鉾工房 鯛おどる館
〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋2942-26
TEL:0799-73-2300
FAX:0799-73-2301
フリーダイヤル:0120-009-283
営業時間:10:00~18:00
定休日:無休(ただし、12月31日~1月3日は休業)




[PR]
by awaji_gourmet | 2018-02-28 08:36 | 食材