#22 "職人の粋なおいしい店" vol.2 手打ちそば 淡路翁

a0356665_09152974.jpg
職人の粋なおいしいお店vol.2は手打ちそば専門店、淡路翁さんへ。
淡路島の山あいの農村風景が広がる静かな場所にあります。
a0356665_16015699.jpg
a0356665_16004882.jpg

挽きたてのそばの香りにこだわり、前日に脱皮・製粉を自分でされたそば粉で毎朝の仕込みが始まります。
一度にこねる量1.5kg。手際よく、最初から最後まで無駄な動きが一切ありません。
凛とした所作のひとつひとつはまるでお点前を見ているかのようでした。
粉や水に対しても捨てずに最後まで使う姿勢から素材への感謝が伝わってきます。
a0356665_15504860.jpg
a0356665_15492240.jpg
a0356665_15492528.jpg
a0356665_15492785.jpg

a0356665_15493210.jpg
a0356665_15493413.jpg
a0356665_15493627.jpg
a0356665_15494067.jpg
a0356665_09160067.jpg

a0356665_15494605.jpg
a0356665_15500384.jpg

a0356665_15495103.jpg
a0356665_15500691.jpg
a0356665_15500990.jpg
a0356665_15501933.jpg
a0356665_15501328.jpg
a0356665_15502466.jpg
a0356665_09533397.jpg
a0356665_15503580.jpg
a0356665_15503256.jpg
a0356665_15503991.jpg
もりそば ざる。そばの香りが広がり鼻からぬけていきます。繊細な味わい。
まずはおそばだけで、次はそれぞれの薬味とも組み合わせながらいただきました。
上品なおつゆもそばを引き立てています。この一皿の世界観に魅了されました。
a0356665_15523488.jpg

最後はそば湯で〆を。
a0356665_15504240.jpg
そば打ちの第一人者で有名な達磨の高橋邦弘氏の一番弟子、安曇野翁と達磨の両方で修行し
縁あって淡路島で独立された三木さん。
今も自分が求める食感やのど越しを追求し日々修練されています。
弓道を習われていた時期もあり、「道」を極めていくのがお好きな様子でした。
これからどんなお店にしていきたいですか?と尋ねると、
「前の休耕田の草を刈って、花を植えて花畑をつくったりすると楽しそうかな」と笑顔で話して下さいました。

a0356665_15504600.jpg
道中も心地よい淡路市小田の地。三木さんが4年かかって見つけた理想の場所。
地域の方々は三木さんがこの地でお店をされることを「賑やかになっていいね」と
あたたかく迎え入れてくれているそうです。
山奥にあるのですが、分かりやすく親切な看板があるので、道に迷いませんでした。
淡路島ののどかな景色を楽しみながら本物のお蕎麦がいただける素敵なお店。
みなさまぜひお出かけくださいー⭐︎
  • 淡路翁
    〒656-1732
    住所:兵庫県淡路市小田1157
    TEL: 0799-70-4201
    営業時間:11:00~15:00
    定休日:月曜日

[PR]
by awaji_gourmet | 2017-06-07 09:03 | その他 | Comments(0)